尊皇攘夷とIT革命で日本を精神的、経済的に復興して欲しいという思いで開設しました。


by love_nippon

やっぱり不起訴か?

小沢氏、21日再度不起訴 虚偽記入事件で東京地検
 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京地検特捜部は20日、東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた小沢民主党幹事長を21日に再度不起訴とする方針を固めた。4月27日の議決は「(小沢氏と)元秘書らとの共犯関係の成立が強く推認される」と指摘。特捜部は小沢氏のほか衆院議員石川知裕被告(36)らを聴取したが、共謀を裏付ける新たな証拠は得られなかったと判断した。


もしかしたら政治的圧力があったのでは?
と考える人もいるかも知れませんが、
私はそうではなくある意味前向きにとらえて

検察の「有罪率99%プライド」

によるものかなと考えてみました。

「嫌疑不十分」ということは
シロとは思っていないが、有罪の自信がない、
公判が維持できないということです。

また、「嫌疑なし」とか「起訴猶予」なら国民は納得しないでしょう。

憲法第39条
何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。


これはいわゆる一事不再理に規定ですが無罪になってしまうともう裁判はできませんが、嫌疑不十分で不起訴なら
新たな決定打となる証拠があれば起訴に持ち込みたいのでしょう。

じゃあこれからどうなるか?

再度、検察審査会へ、起訴相当となれば強制起訴となり明石歩道橋事故、JR福知山線脱線事故に続く3例目となります。

検察の本音としては強制起訴で有罪になろうと無罪になろうと構わないが、検察として起訴するなら有罪にしたいから慎重にいきたいというところでしょう。

ちなみに、この事件で検察審査会に申し立てをして
一度、起訴相当に持ち込んだ市民団体とは
在日特権を許さない市民の会です。
http://www.zaitokukai.info/

これも私の想像なんですが、
マスコミがなぜ正式名称を出さず単に「市民団体」と言ったのか
おそらく、「在日特権」という文言を放送したくなかった
のではないかなと。

この朝敵・国賊・売国奴の小沢一郎がどんな形でもいいから
政界からいなくなれば、いいのですが。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by love_nippon | 2010-05-20 22:49 | 政治